学会誌情報 最新号、バックナンバー、投稿規程

国際出版関連

学会誌情報 最新号、バックナンバー、投稿規程

最新号のご案内

最新号

「こころと文化」第19巻第2号(2020年9月刊)←リンクをクリックすると、目次(PDF形式)が参照できます。
購入希望

特 集

特集 野田文隆先生・五十嵐善雄先生追悼特集に寄せて

特集にあたって (桂川修一)

第1部 野田文隆先生 ― 多文化間精神医学のパイオニア ―

Professor Fumitaka(TAKA) Noda a pioneer in bringing changes to Japanese psychiatry (Soma Ganesan)

カナダでのトレーニング ― 私たちを支える大きな「手」―(井上隆志)

野田文隆先生と多文化間精神医学 ― その足跡と業績をたどり直す ―(江口重幸)

(コラム)野田先生への感謝をこめて(渡辺暁里)

第2部 五十嵐善雄先生 ― 多文化共生社会の支援者 ―

他者の哀しみに寄り添い続けること ― 五十嵐善雄先生の足跡 ―(五十嵐郁代)

五十嵐善雄先生と多文化間精神医学(西園昌久)

五十嵐善雄先生がたどった道 ― 多文化間精神医学の視点から ―(阿部 裕)

多文化間精神医学会への五十嵐善雄先生の思い
 ― 「いいんじゃないですか、やってみたら・・・?」―(石田まりこ)

(コラム)五十嵐善雄先生との思いで(手塚千鶴子)

第26回多文化間精神医学会学術総会

特別講演1 文化精神医学考 柳田國男に導かれて(岡安祐介)
      なぜ民俗学か、なぜ柳田國男か?(指定討論者/江口重幸)

特別講演2 文化と心理療法 ― 公認と非公認の心理学(東畑開人)
      東畑開人の出発点を巡って,『美と深層心理学を』から考える(指定討論者/三脇康生)

特別講演3 フランスの精神医学を引き付けた日本の精神科医 ― 木村 敏と土居健郎から考える ―(三脇康生)

      多文化間精神医学の源泉と潜在的可能性

      ― 木村 敏、中井久夫、土居健郎、萩野恒一の再考 ―(指定討論者/下地明人友)

      文化から普遍に至り、もう一度文化に戻ることについての考察

      ― 土居健郎を範例に ―(指定討論者/堀 有伸)

バックナンバー一覧(下記の表示は過去2回分のみ)

ご購入希望の方はカートをクリックし、ワードの購入フォームをダウンロードしてください。なお在庫が無い場合にはご了承ください。
 

特集

著者

在庫


「こころと文化」第19巻第1号
(2020年2月刊)

精神障害者スポーツと文化

特集にあたって
精神障害者スポーツの国際化

 ――フットボールの推進事例とともに

フットサルの実践における重度の気分障害をもったスポーツ選手のパフォーマンス機能の質的評価

  (Jose López Rodas, Mayre Verde Mez / 訳 阿部 裕)

 

競技性の高い知的障害者スポーツの地域, 国内, 国際組織の活動

米国での障害者スポーツに関する文献的な考察

 ――障害者スポーツの歴史と近年の文献をもとに

中国における精神障害者スポーツの可能性

原著論文

日本人米国駐在員妻の文化変容 ――家族イメージを通して見る

調査報告

西アフリカ・ガンビア共和国におけるメンタルヘルス施策の現状と展望

 

大西 守,阿部 裕

 

田中暢子,森田 航,佐々 毅

Jose López Rodas,

Mayre Verde Mez

訳 阿部 裕

宮崎伸一

 

湯浅 紋

張 磊,大西 守

 

皆川久仁子

 

丸谷俊之,西尾彰泰

あり


「こころと文化」第18巻第2号
(2019年9月刊)

すべての人にこころの健康を

 ――メンタルヘルスギャップの克服に向けて

特集に向けて

第1部 すべての人にこころの健康を

 ――メンタルヘルスギャップの克服に向けて

これからのグローバル・メンタルヘルス

 ――国連での経験から

精神科強制入院と意思決定支援

 ――協働質的研究(co-production)にアジアで取り組んで

フィリピンの子どものメンタルヘルスケア

内戦後のカンボジア地域精神保健支援23 年で,できたこと,できなかったこと

第2部 カンボジアのメンタルヘルス支援

 ――カンボジアにおける地域精神保健包括ケア活動モデル作り
カンボジアのメンタルヘルス支援

 ――カンボジアにおける地域精神保健包括ケア活動モデル作り

  

 

カンボジア現地スタッフへの教育的支援活動と経験に関する考察

 ――精神看護・異文化看護の視点より

カンボジア地域精神保健国際協力の自立,持続への取り組み

 ――プロジェクトの評価と課題,長期支援終了に向けて

カンボジアにおける統合失調症患者と家族についての調査と支援

 

 

青木 勉

 

 

 

井筒 節,堤 敦朗

 

杉浦 寛奈

宇佐美政英

手林佳正,宮本 圭

 

 

 

青木 勉,手林佳正,野崎章子

丸谷俊之,篠原慶朗,青木利江子

宮本 圭,窪田 彰

 

野崎 章子

 

青木利江子,篠原慶朗

丸谷俊之

あり

「こころと文化」投稿規定
投稿者(筆頭著者)は,本会会員のみ。未入会の方はこちらより入会手続きお願いします

■ 本誌は,文化と精神医学に関する原著論文,および症例報告その他で,他誌に未発表の論文を掲載する ものとします.
■ 投稿者(筆頭著者)は,本会会員に限ります
■ 投稿論文は,原則日本語で書かれたものに限ります.
■ 投稿論文におけるプライバシー等人権問題に関するすべての責任は,投稿者にあるものとします.
■ 採否および掲載の順序は,編集委員会において決定いたします.
■ 投稿の際は,「原著論文」「症例報告」「調査報告」「短報」のいずれかを明記し,本原稿のほかにコピー を2 部添付してください(計3部).
  その他にお手元にコピーを1 部必ず保存してください.
■ 原稿はワープロにてご執筆ください.その場合,A4 の用紙を使用し,40 字×30 行で印刷してください.
  また,原稿は,テキストスタイルあるいはMS-Word に変換された(デジタル)データとともにお送りください.
■ 著者による校正は,初校のみといたします.
■ 掲載論文については,掲載誌1 部ならびに別刷り30 部を進呈いたします.30 部以上の別刷りをご希望 の場合は,50 部単位で実費作製いたします.
  校正の際にお申し出ください.
■ 原稿送付先 「こころと文化」編集部
  〒162-0801 東京都新宿区山吹町332-6 パブリッシングセンター (株)国際文献社内
  TEL:03-6824-9363 FAX:03-5206-5332
  E-mail:jstp-edit@bunken.co.jp

[Back to Top]